PR

ライフ ライフ

【柴門ふみの人生相談】疲れすぎて余裕がない

 いずれにせよ、家族の協力は必須です。仕事しながら家事も育児も一人でこなすのは、そもそも無理なんです。相談者の方が家族に衝動的でわがままな態度をとってしまうのも、ここに大きな要因がありそうです。「アタシ一人が何でこんなに大変なのよ」という怒りが、わがままな態度として外に出ているのだと思います。

 ちなみに私は、疲れがたまると顔も洗わずとにかく眠り続けます。

回答者

柴門ふみ 漫画家。昭和32年生まれ。代表作は講談社漫画賞の「P.S.元気です、俊平」のほか、「東京ラブストーリー」「恋する母たち」(ともに小学館)など。近著に「そうだ、やっぱり愛なんだ 50歳からの幸福論」(角川文庫)など。故郷の徳島市観光大使も務める。

相談をお寄せください

 住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、相談内容を詳しく書いて、〒100-8078 産経新聞文化部「人生相談 あすへのヒント」係まで。

 〈メール〉life@sankei.co.jp

 〈FAX〉03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ