PR

ライフ ライフ

クロマグロ稚魚2800匹大量死 青森の浅虫水族館

 青森市の浅虫水族館は10日、11日から公開予定となっている完全養殖のクロマグロの稚魚が、大量死したと発表した。大分県佐伯市の日本水産中央研究所大分海洋研究センターから無償提供されたもので、7日に到着した約2900匹中、約2800が死んだという。

 完全養殖のクロマグロの稚魚は採卵、孵化(ふか)、養殖、産卵のサイクルをすべて人工的に行ったもので、展示は国内水族館として初めての試み。

 水族館によると、体長5~10センチほどの稚魚を研究センターから約31時間半かけてトラックで陸上輸送。7日深夜に到着して以降、稚魚の死が続いていた。飼育の知見が少なく、対応は手探りだという。

 水族館の担当者は「水槽の変化など成育環境の変化にうまく対応できなかった可能性がある」としている。予定通り公開する方針だが、稚魚の死が続けば早期に公開を終了する可能性もあるため「観覧希望者は事前に問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ