PR

ライフ ライフ

【近ごろ都に流行るもの】スマホ注文「モバイルオーダー」 軽減税率対象「テークアウト」増加に期待

タブレット(左下)が鳴ってモバイルオーダーの注文を通知。店主1人でも調理の手を止めることなく対応できる=東京都文京区の「どんぶり豚三」
タブレット(左下)が鳴ってモバイルオーダーの注文を通知。店主1人でも調理の手を止めることなく対応できる=東京都文京区の「どんぶり豚三」
その他の写真を見る(1/8枚)

 10月1日の消費税率引き上げまで2カ月を切った。飲食店では税率が10%に上がる「イートイン」に対して、8%に据え置かれる軽減税率対象の「テークアウト」需要の増加が見込めることから、効率化を図る集客策として「モバイルオーダー」の導入が増えている。スマートフォンから事前に注文した客は、指定時間か調理完了時間に来店すれば待ち時間なしで商品をピックアップできる仕組みで、国のキャッシュレス対応促進も追い風となっている。この夏、スターバックスコーヒーなど大手の開始が話題となる一方、まちの食堂にも広がっている。(重松明子)

 都営地下鉄三田線白山駅(東京都文京区)から徒歩5分ほど。昭和の風景が残る商店街に豚丼専門店「どんぶり豚三(ぶたさん)」がある。戸を開けると、店主の李龍大(リ・リョンデ)さん(48)が2つの鉄のフライパンと格闘中。火柱とともに肉汁の香ばしさが広がるなか、タブレットが「リンリン」と鳴った。

 モバイルオーダーから注文のお知らせだ。「ランチ以外の時間帯は1人なので助かる。以前から持ち帰り注文を電話で受けていたが、両手がふさがっているとき受話器に手を伸ばそうと必死でした」と苦笑した。在日韓国人3世。焼き肉店を営んでいた亡き伯母から受け継いだタレに、千葉県産「野田さくらポーク」を漬け込んだ自慢の味。注文を受けてから強火で一気に焼くスタイルで、1日60~100杯の豚丼(600円~)を提供している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ