PR

ライフ ライフ

夏の帰省ラッシュ始まる 新幹線乗車率130%も

帰省客などで混雑するJR東京駅で、新幹線に乗り込む人たち=9日午後
帰省客などで混雑するJR東京駅で、新幹線に乗り込む人たち=9日午後

 お盆休みの帰省や出国ラッシュが9日、始まった。新幹線や空港、高速道路は早くも古里や観光地へ向かう人たちで混雑した。東海道新幹線では、自由席の乗車率が130%に上る列車もあった。10日は新幹線や高速道路が下りのピークとなり、早朝から利用客が多い見通しだ。

 JR東海によると、9日はのぞみやひかりの一部で乗車率が100%を超えた。午前6時30分東京発の博多行きのぞみ5号が名古屋駅を出る時点で、乗車率130%に達した。

 高速道路の下り線では9日夕、名神高速道路の京都東インターチェンジ(京都府)付近や、東名高速道路の大和トンネル(神奈川県)付近で20キロ前後の渋滞が発生した。

 日航、全日空では今月2日のまとめで、提供座席に対し予約が入った割合を示す「予約率」が、9日の国内線下りと国際線の日本出発便はいずれも9割超。日航国際線の日本出発便は97・1%に達した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ