PR

ライフ ライフ

【エンタメよもやま話】慰安婦、徴用工… 反日が永久に終わらない理由に切り込む真実の1冊

話題の1冊「韓国を蝕む儒教の怨念 反日は永久に終わらない」(小学館新書)https://www.shogakukan.co.jp/books/09825351
話題の1冊「韓国を蝕む儒教の怨念 反日は永久に終わらない」(小学館新書)https://www.shogakukan.co.jp/books/09825351
その他の写真を見る(1/2枚)

 今週ご紹介するエンターテインメントは、話題の1冊についてのお話です。

 日韓関係が戦後最悪の状況に陥っています。慰安婦問題に関する「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓の政府間合意に基づき、元慰安婦らの支援事業を行っていた韓国の「和解・癒やし財団」が日本政府の同意を得ないまま解散。設立に伴い日本政府が拠出した10億円が宙に浮いています。

 韓国の最高裁は、日韓基本条約で既に解決済みの、いわゆる徴用工をめぐる訴訟で日本企業に賠償金の支払いを命じる判決を出しました。反日姿勢をどんどん加速させる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権について、理解不能という人も多いのではないでしょうか。

 そんな韓国の謎について、鋭く切り込んだ1冊が8月1日に発売され、早くも話題になっています。「韓国を蝕む儒教の怨念 反日は永久に終わらない」(小学館新書、著者・呉善花=オ・ソンファ https://www.shogakukan.co.jp/books/09825351 )です。

 数々の洋楽のCDなどと共に、記者の手元に届いた1冊なのですが、読んでびっくり。慰安婦問題や、いわゆる徴用工をめぐる訴訟問題といった、日韓をめぐる果てしないイザコザの原因が一発で理解できたのです。今回の本コラムでは、この1冊についてご説明します。

    ◇   ◇

■李氏朝鮮500年の「病理」…「残虐」さは「反乱者を一族もろとも皆殺した李朝」

 まず、著者の呉善花氏について。

 1956年、韓国の済州島生まれの評論家で、現在、拓殖大学国際学部の教授なのですが、かつては韓国での学校教育によって、反日主義に傾倒していました。しかし来日後、韓国で習ったことが間違いであったことを知り、さまざまな葛藤を経て知日派に。98年に日本に帰化しました。

 そんな呉氏は、韓国政府から入国拒否されながらも、日韓がいがみ合いを続ける真の原因を知らしめようと本書を執筆したといいます。それだけに、本書での呉氏の説明や主張には並々ならぬ説得力があるわけですが、では、日本人と韓国人が、いつまで経っても分かり合えない原因は何なのか? 呉氏は本書でこう説明します。

 「それは第一に、韓国・北朝鮮の政治・文化・社会の直接的な基盤は、朝鮮半島に五一八年間続いた王朝国家、李朝(李氏朝鮮、1392~1910年)に求められる、ということです。そして第二に、韓国・北朝鮮の理解に苦しむ言動の大部分は、『李朝500年』の伝統に深く根ざしている」というのです。

 韓国と北朝鮮は、李朝時代に培われた儒教的な倫理・価値観を引き継ぎ、今日に至り、さらに中華文明に圧倒され続けてきた朝鮮半島では「中国をモデルとする強大な専制権力の形成を政治の基本とし、統治イデオロギーとしての儒教を中国から積極的に取り入れた」といいます。

(次ページ)ベトナム女性を慰安婦にした韓国軍。「米軍慰安婦」も

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ