PR

ライフ ライフ

遺品が物語る「あの日」広島原爆資料館改装 実物展示に重点

広島平和記念資料館東館の導入展示。航空写真を元に、被爆前後の広島の街や上空から原子爆弾が投下されるイメージ映像を上映している=広島市中区
広島平和記念資料館東館の導入展示。航空写真を元に、被爆前後の広島の街や上空から原子爆弾が投下されるイメージ映像を上映している=広島市中区
その他の写真を見る(1/2枚)

 原爆犠牲者の遺品など2万点を所蔵・展示する広島市の原爆資料館は今年4月、約30年ぶりに本館を改装し、写真や遺品といった実物資料に重点を置く展示内容に一新した。被爆者の平均年齢が82歳を超える中、いかに「あの日」と「今」をつなぎ、その実相を伝えるか。広島への原爆投下から6日で74年。記憶の継承と発信を担う資料館の取り組みを探った。(有年由貴子)

 血がにじむ子供服、黒く焼け焦げた弁当箱、爆風でゆがんだ鉄骨のはり-。

 本館に入るとまず目に飛び込んでくるのが、「被爆の実相」のゾーンだ。改装前は原爆投下の経緯や復興を記した説明展示後に配置していたが、「限られた滞在時間の中で十分に見てもらいたい」と前半部分に持ってきた。

 犠牲者が当日身につけていた衣服や被害を受けた建造物などの資料をまとめて配置。やけどを負った被爆者や焼け跡に横たわる遺体などの写真も並び、説明は最小限にとどめた。

 背景には、戦後世代が大半を占める中で、被爆の実相がイメージしにくくなっていることがある。説明文を読み始めると、全体を俯瞰して想像力を働かせにくくなる。そのため、あの日の広島に自分自身がいるかのように感じられる構成に変更した。

 被爆者の遺品を展示するコーナーでは、従来の遺品と説明文だけの展示から、持ち主の遺影や最期の様子、家族の思いを記した説明文を添えることで、遺品にストーリーを持たせ、犠牲者の人生を感じ取ってもらう展示に改めた。見学に来ていた東京都世田谷区の依田真理子さん(44)は「一人一人が生きていたということ、それぞれの家族の思いが伝わってきた」と話す。

 資料館の大規模改装は、昭和30年の開館以後、今回で3度目。15年をかけ計25回にわたる議論を重ねた結果、実物の展示による客観性の担保を重視することになり、写真資料は173点と改装前より61点増えた。

 「原爆の被害はやけどや爆風だけではない」との理由から、昭和48年に設置され資料館の象徴的な存在だった「被爆再現人形」は撤去された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ