PR

ライフ ライフ

高齢労働者の健康維持、ガイドライン作成へ 厚労省の有識者会議

 厚生労働省は5日、高齢労働者の病気や労災を防ぐための方策を議論する有識者会議の初会合を開いた。政府は「人生100年時代」を掲げ、希望者が70歳まで働けるよう雇用環境などを整備する方針。有識者会議では高齢労働者が健康で働き続けることが大事だとして、ガイドラインを作成する考えだ。

 厚労省によると、高齢労働者の労災発生率は高く、平成30年、休業4日以上では60歳以上が4分の1を占める。転倒や転落が多く、70歳前後の発生率は30歳前後と比べると男性は2倍、女性は5倍に。脳卒中などにつながる疾病も年齢が上がるほど多くなる。

 会合では出席者から「ガイドラインだけでなく、労働者への意識付けも検討が必要だ」との声や「企業の働かせ方や管理方法も議論すべきだ」などの意見が出た。

 先進事例として、鉄鋼大手の「JFEスチール」が独自に従業員の体力測定を実施、けがや労災の予防に活用している例が紹介された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ