PR

ライフ ライフ

夏の塩分・ミネラル補給 要注意 水分だけでは逆効果

 1年のうちで最も汗をかくこの時季は、水分補給が大切なのはいうまでもない。ところが、水分の取り方を誤ると、さらなる脱水を招いて逆効果に。ナトリウム(塩分)をはじめ、ミネラルの補給も肝心だ。日々の食事からもミネラルをたっぷりと取ることを心掛けたい。(榊聡美)

◆汗は体のクーラー

 成人の体の約60%は水分で満たされている。何もしなくても、呼気や尿などとともに、1日約2~2・5リットルもの水分が失われている。さらに夏場は多くの汗が加わる。汗をかくのは体から熱を逃がし、体温を下げるため。汗はいわば体のクーラーの役割をしており、暑いときはしっかりと汗をかくことが重要だ。

 失った分を補うためにせっかく水を飲んでも、かえって脱水症状になってしまうことがある。

 「発汗によって水分とともに、ナトリウムやカリウム、マグネシウムなどミネラルも失われます。血液中のナトリウムが少なくなったところに水分だけ補給し続けると、さらにひどい『生理的脱水』を引き起こします」

 稲毛病院(千葉市)健康支援科部長で産業医の佐藤務さんはこう説明する。

◆水を飲んで脱水!?

 大量に汗をかいて水ばかり飲むと、血液中のナトリウム濃度が薄まり、低ナトリウム状態に。脳が感知して濃度を上げようと、血液中から水分だけを尿で排出する。血管内が脱水し、濃縮した“ドロドロ血”に。これが生理的脱水と呼ばれ、熱中症だけでなく、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞などにもなりやすくなる。

 佐藤さんはスポーツをするときや猛暑で大量に汗をかくときには、水分と塩分・糖分を一緒に取れるスポーツドリンクをすすめるとともに、「失われやすいミネラルを食事からしっかりと取っておくのも大切」と説く。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ