PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『日本トンチンカン悪者列伝』北岡俊明著

『日本トンチンカン悪者列伝』北岡俊明著
『日本トンチンカン悪者列伝』北岡俊明著

■厳しくも温かいまなざしで

 本書は、昨年ベストセラーになった『日本アホバカ勘違い列伝』に次ぐ第2弾。さらにパワーアップしての刊行です。「アホバカ」以上にひどい「トンチンカン」な人たちの妄言妄想を具体的にピックアップしての筆誅(ひっちゅう)の数々。

 ちなみに、「トンチンカン」(頓珍漢)とは、(1)物事がゆきちがい前後すること。つじつまの合わないこと。 「--なことを言う」(2)とんまなこと。また、そういう人(『広辞苑 第七版』より)。「ええかっこしい」を平気の平左でできる人たちともいえるでしょう。

 俎上(そじょう)にあがるのは、貴乃花、小平奈緒、福山哲郎、東山紀之、坂本龍一、村上春樹…の各氏。人物批評のみならず、法曹界(日弁連)や宗教団体(寺院)、業界団体(タクシー)などにも鉄槌(てっつい)が加えられています。

 千葉県野田市の栗原心愛ちゃん、東京都目黒区の船戸結愛ちゃんたちの児童虐待死を防げない児童相談所、警察のトンチンカンも手厳しく批判した上で、具体的な解決策を提示しています。

 ただ、本書では、批判するばかりでなく、トンチンカンな人と対比しつつほめられる人も少なからず出てきます。萩本欽一、村木厚子、藤田まこと、渡辺謙、西田敏行、津川雅彦…の各氏。思わず、なるほどと和むところです。この評価の差はどこから生まれるのか。いずれも、著者の厳しくも、実は温かいまなざしあってのもの。

 猛暑も吹き飛ぶ痛快丸かじりの一冊です。(ワック・920円+税)(ワック「歴史通・書籍」編集長・仙頭寿顕)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ