PR

ライフ ライフ

マダニ感染症で78歳女性死亡 北九州市 腕に発疹

 北九州市は1日、マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」に同市門司区の女性(78)が感染し、死亡したと発表した。

 市によると、女性は7月4日に腕に発疹ができ、翌5日に発熱のため入院。同月26日に死亡した。マダニにかまれた痕は判然としなかったが、血液検査で確認された。

 日本紅斑熱は、病原体「リケッチア」を持つマダニにかまれてから2~8日後に頭痛や発熱の症状が出る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ