PR

ライフ ライフ

【Q&A】がんゲノム検査に保険適用 検査費56万円→1~3割負担

 患者からとったがん細胞を調べ、最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」の遺伝子検査システムに、公的医療保険が適用になった。これまでより安価に受けることが可能となり、手術や抗がん剤が効かなかった患者らにとっては朗報だ。ただ、病気の原因が分かっても薬が存在しないケースもあり、治療に結びつく人はまだわずかとされる。新たながん治療の疑問と課題について、まとめた。(三宅陽子)

 Q がんゲノム医療とは

 A がんは正常細胞の遺伝子が変異し、異常増殖が止まらなくなって発症するとされている。「がんゲノム医療」はこうしたがんの原因となった遺伝子変異を見つけ、患者ごとに最適な治療法を探る。その中核を支えるのが、遺伝子検査システムだ。

 Q 遺伝子検査システムとは

 A 一般に「がん遺伝子パネル検査」と呼ばれる。患者のがん組織などから100種類を超える遺伝子を一度に調べ、どの遺伝子に変異があるかを解析する。これまでのがん治療では、胃や肝臓といった部位別に薬が選択されてきた。この検査ではそれぞれのがんの原因を特定できるので、患者一人一人の病状や体質に合わせた最適な薬の選択につながると期待されている。

 Q 公的医療保険が適用になったのは

 A 2つの検査システムに、公的医療保険が適用されることになった。1つは国立がん研究センター(東京都)とシスメックス(神戸市)が開発した「NCCオンコパネル」。もう1つは、中外製薬(東京都)が販売する「ファウンデーションワン」だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ