PR

ライフ ライフ

ガソリン販売の規制強化検討 京アニ放火事件で和歌山知事

 仁坂吉伸・和歌山県知事は30日の定例会見で、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火殺人事件に絡み、「ガソリンがあんなに自由に入手できるのはおかしいんじゃないか」と述べ、ガソリン販売規制強化を独自に検討する考えを明らかにした。すでに防災などの担当部署に対し、法律上の制約や実施方法、規制した場合の市民生活への影響などを調査するよう指示したという。

 仁坂知事は「販売時に目的や身分証明書をみせて登録するなどの対応が必要ではないか。本来は国レベルで考えるべきだが、自分たちでできることを考えた上で(国に)進言するのがいい」とした。

 ガソリン販売をめぐっては、消防庁が事件後、ガソリンスタンド(GS)でガソリンを容器に入れて販売する際に身元や目的を確認し、記録を保存するよう全国の自治体や業界団体に通達している。

 事件では、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が犯行直前にGSでガソリン約40リットルを購入。事件現場近くで携行缶からバケツに入れ替え、現場にまいたとみられている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ