PR

ライフ ライフ

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産推薦へ 文化審が選定、2年後の登録目指す

北海道・北東北の縄文遺跡群
北海道・北東北の縄文遺跡群

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産をめぐり、国の文化審議会は30日、令和3(2021)年夏の登録を目指す候補として「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道と青森、岩手、秋田の3県)を選んだ。閣議了解を経て、来年2月1日の期限までに政府の推薦書が提出される見通しだ。

 縄文遺跡群は、日本を代表する集落跡「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」(青森市)や大規模なストーンサークル「大湯(おおゆ)環状列石」(秋田県鹿角市)など17件の遺跡で構成。約1万5000年前の定住化から本格的な稲作の開始まで、1万年以上も続いた縄文文化の変遷を示すとされる。

 大型建物や盛り土による祭祀(さいし)施設の跡のほか、世界最古級の土器や漆器、芸術性豊かな土偶も出土。安定した定住生活と成熟した社会があったとみられる。

 ただ、貝塚や盛り土など、一見しただけでは分かりづらい埋蔵文化財の価値を、どのように伝えていくがが課題となっている。

 縄文遺跡は全国にあるが、関係自治体は「津軽海峡をはさんで文化圏が形成された上、遠方との交易も活発で、縄文文化を代表する地域だ」と強調する。

 文化審は昨年7月も推薦候補に選定したが、文化と自然を合わせて1国1件の推薦枠をめぐり、自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)と競合。政府は「奄美・沖縄」を優先させ、縄文遺跡群は推薦を見送られた。

 今回は競合する自然遺産候補がなく、縄文遺跡群が推薦される見込み。順当に進めば、2年後のユネスコ世界遺産委員会で正式な登録可否が審査される。

 来夏の世界遺産委では、「奄美・沖縄」が審査される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ