PR

ライフ ライフ

TDS新アトラクション 初日は最大350分待ち 

オープン直後の午前10時には350分待ちになった新アトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」=23日、東京ディズニーシー(江田隆一撮影)
オープン直後の午前10時には350分待ちになった新アトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」=23日、東京ディズニーシー(江田隆一撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京ディズニーシー(千葉県浦安市)の新アトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」が23日、オープンし、最長で350分待ちとなるなど、人気を集めた。

 上下左右に動くシート席に座り、映像で世界の名所を空中散歩しているような体験ができる大型アトラクションで、総投資額は約180億円。

 23日は一般公開に先立ち、ミッキーマウス、ミニーマウスとフィギュアスケーターの紀平梨花さんによるオープニングイベントも開かれた。

 海外のディズニーテーマパークで人気の「ソアリン」に独自の映像を加えたオリジナルアトラクションとあってファンの期待は高く、雨の中、アトラクション前にはオープン直後から長い列ができた。

 東京都町田市から家族と訪れた高井美々さん(12)と湊吾君(10)は「気持ちがよかった。風や映像に合わせた香りが楽しかった。帰ったらみんなに自慢できる」と笑顔で話していた。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ