PR

ライフ ライフ

【片桐実央の起業相談】事業計画を突き詰める

 起業の準備は何から始めたらよいのでしょうか。そういった悩みや相談は多いものです。起業というのは、やってみないとうまくいくかどうか、分からないというものではありません。まず、事業の計画を作って、課題やリスクを洗い出し、それを解決する方策を何度も練り直す必要があります。

 そのためには情報収集が大切です。知識やヒントを得るには書籍やインターネットのほか、専門家に相談したり、実際に起業している先輩の話を聞いたりすることが有効でしょう。

 起業セミナーや起業スクールに参加するのも一つの手段です。行政や民間の起業支援会社が実施していて、無料のものもあります。一人でできることには限界があります。

 起業を応援するサポーターたちはたくさんいるので、苦手なことは相談したり、外注したりして、自分にしかできないことに集中することも、起業を実現させるコツです。

何を誰にどのように

 なぜそのビジネスを始めたいのか、それは自分にしかできないのか、そして最後は「何を、誰に、どのようにして売るのか」という事業計画を突き詰めて考えることが大切です。起業するには志が必要です。

 最近の起業相談でこんな人がいました。自分で考えた健康グッズを作りたいという方です。そもそもその健康グッズをほしいと思う人がいるのか分からなかったので、テストマーケティングを実施することにしました。知人にアイデアを話してみたり、起業家の交流会に参加したりして、意見を聞きます。自分のイメージする見込み客と直接話すことで、商品内容と販売価格を練りました。

 この行為を自ら行うによって、起業家として、ニーズの確認ができ、商品やサービス、価格の説明がしやすくなります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ