PR

ライフ ライフ

【話題の本】『50歳からのゼロ・リセット』本田直之著

 ■もうひと花咲かせたい人へ

 60歳の定年を見据えた指南書が目立つなか、〈自分を変える最後のチャンス〉と50歳にエールを送る本書。5月下旬の刊行で、4刷3万部超のヒットになっている。

 著書累計300万部超の著者も昨年50歳になったが、自身も変化に適応できなくなる「50歳の壁」を経験したという。その反省や、先達の例も紹介しながら50歳からの人生を充実させるための心構えを伝授する。

 教える、のではなく、教わる▽副業でなく複業を▽老後にいくら必要か、なんて発想自体がナンセンス▽趣味などヨコのつながりを持つ▽きっかけは「好きなことをやろう」…。また、「湿りがちな好奇心の導火線に火をつける」では、旅番組を見て「ここに行ってみたいな」と思ったら、次の休みに行く-。著者は「人生は壮大な実験」といい、小さな試行錯誤を続けることで可能性を広げられる、と背中を押す。

 編集担当の中野和彦さんによれば、読者層は30~60代。「勇気をもらった」の反響も多く、「50歳からもうひと花咲かせたいと思っている人にささり、何かにチャレンジするきっかけになっているのでは」とヒットを分析する。

 50代後半の私も、遅まきながら何かにチャレンジしたくなった。(青春新書インテリジェンス・900円+税)

 三保谷浩輝

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ