PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(602)ツバメの恩返し

 その胸中はいかばかりか、という様子だったらしい。

 それでもヒナの声に意を決して親鳥がやってきた。隠れていたヒナ1羽も出てきて、サトウさんは、こちらも無事に巣に戻すことに成功したのだそうだ。

 「もう、燕のヒナってかわいいのよ。近くで見たのは初めてだけど、ほんとかわいい…」

 このヒナたちは、4日目に3羽が、1週間後に、2羽が巣立っていき、この件はめでたし、めでたしとなった。

 施術を受けながらの、このいい話に、私の身体も心もほぐれて、さらにふんわりとしたのだった。

 サトウさんには、きっと「燕の恩返し」があるに違いない、と思うが、私にとっては、過ぎ去った子育て時代に、つい思いを馳(は)せてしまったひとときだった。(ノンフィクション作家・久田恵)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ