PR

ライフ ライフ

誤嚥を防ぐとろみ付き飲料自販機、介護施設向けも展開へ

とろみ付き飲料を飲むことができる自動販売機=東京都小金井市
とろみ付き飲料を飲むことができる自動販売機=東京都小金井市

 筋力の衰えなどから、食道に送られるはずの飲食物が気管などに入り込んでしまう「嚥下(えんげ)障害」。死につながる可能性もあるこの障害の対処法の一つとして、飲み物に“とろみ”を付ける方法がある。自動販売機運営管理会社のアペックス(愛知県大府市)は飲料に「とろみ」を加える機能が付いた紙コップ式自動販売機を開発。全国約50カ所に設置を予定しており、10月には施設向けの大型サーバーも展開する予定だ。(吉沢智美)

 現在展開している自販機にはコーヒーや緑茶、抹茶ラテなど多種の味があり、温冷にも対応している。

 自販機の「とろみありボタン」を押すと、とろみを「薄い」「中間」「濃い」と選ぶことができる。とろみを付けないこともでき、どちらでも飲み物の値段は同じだ。

 飲料にとろみを付けてみても味は変わらないが、しっかりと飲み物がのどを通る感覚が分かる。

 コーヒーでも抹茶ラテでも、温かくても冷たくても、3段階のとろみは均一にしている。たとえば、コーヒーではミルクや砂糖の有無によって、とろみ剤の調整の仕方をそれぞれ変えている。

 介護施設などでは、手作業でとろみを付ける作業を行っているケースが多い。

 「飲み物の種類によってとろみ剤の溶ける具合が相当異なる。違いに合わせて(手作業で)きっちりとろみを付けるのは難しい」と日本歯科大口腔(こうくう)リハビリテーション多摩クリニックの菊谷武院長は説明する。

 そのため、介護施設などによっては利用者の飲み物の要望に対応できないほか、利用者全員分の3回の食事と、おやつに付く飲料にとろみをつけるために、職員が1日8時間ほどかけることもあるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ