PR

ライフ ライフ

都民の警察官に5氏決まる

都民の警察官に選ばれた5人。上段左から新宿署地域課・村上浩一警部補、生活安全総務課・矢部晃警部補、警護課・能登勉警部補。下段左から福生署石畑駐在所・倉澤秀幸警部補、八王子署交通課・東川麻早子警部補
都民の警察官に選ばれた5人。上段左から新宿署地域課・村上浩一警部補、生活安全総務課・矢部晃警部補、警護課・能登勉警部補。下段左から福生署石畑駐在所・倉澤秀幸警部補、八王子署交通課・東川麻早子警部補

 東京都民の安全を守るため職務に励む警察官を表彰する第89回「都民の警察官」の選考委員会が11日、東京都千代田区大手町の産経新聞社で開かれた。今年の受章者に、新宿署地域課の村上浩一警部補(50)▽生活安全総務課の矢部晃警部補(56)▽警護課の能登勉警部補(52)▽福生署石畑駐在所の倉澤秀幸警部補(52)▽八王子署交通課の東川麻早子警部補(58)-の5人が選ばれた。

 選考委員会では警視庁が受章候補者8人を推薦。これまでの優れた実績や人柄など推薦理由が説明された後、選考委員らの審議に移り、最終的に5人を選出した。委員らは交通部門での経験が豊富な村上警部補について、「全国白バイ安全運転競技大会で、警視庁チームの指導者として優勝に導いている」などと高く評価した。

 女性で唯一の受章となった東川警部補については「事件捜査だけでなく、通訳や警備など多くの部門でも活躍している」。ほかの3人についても「目に見えない形でも多大なる貢献をしている」などと賛辞を贈った。

 表彰式は、8月19日午後1時から千代田区大手町の大手町サンケイプラザで行われる。

受章者の横顔

新宿署地域課 村上浩一(むらかみ・こういち)警部補(50)

 交通部門で26年余り勤務してきた中で、事件事故の解決に加え、白バイの運転技術を伝承する立場としても警視庁を支えてきた。「白バイの運転で職員を殉職させないために職務にあたってきた」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ