PR

ライフ ライフ

山梨の全市「20歳成人式」継続 「18歳は受験など負担」

風船を飛ばす富士急行グループの新成人=昨年1月、山梨県富士吉田市
風船を飛ばす富士急行グループの新成人=昨年1月、山梨県富士吉田市

 山梨県内全13市の市長でつくる県市長会(会長・堀内富久都留市長)は9日、改正民法の施行で成年年齢が20歳から18歳に引き下げられる令和4年4月以降も成人式の対象を引き続き20歳とすると申し合わせた。

 20歳成人式の継続を決めた自治体が全国で相次いでいるが、都道府県単位で市が足並みをそろえるのは初めてとみられる。

 市長会は「対象を18歳とした場合、大学受験や就職準備を控える時期であり、負担が大きい」としたほか、3月に内閣府が発表した世論調査で、若者の約7割が成人式は20歳が好ましいと回答したことを理由に挙げている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ