PR

ライフ ライフ

ヒューリック杯棋聖戦前夜祭 ファンらと交流 新潟・高島屋

第90期ヒューリック杯棋聖戦第4局の前夜祭で、花束を受け取る豊島将之棋聖(中央左)と渡辺明二冠(同右)=8日午後、新潟市の岩室温泉(植村光貴撮影)
第90期ヒューリック杯棋聖戦第4局の前夜祭で、花束を受け取る豊島将之棋聖(中央左)と渡辺明二冠(同右)=8日午後、新潟市の岩室温泉(植村光貴撮影)

 産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第4局の前夜祭が8日、新潟市西蒲(にしかん)区岩室温泉の「高志の宿 高島屋」で開かれた。豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(きせい)(29)=名人・王位=と挑戦者の渡辺明二冠(35)=棋王(きおう)・王将=が、参加した約70人のファンや地元の関係者らと交流した。

 第4局は初防衛を目指す豊島棋聖と、2勝1敗と初の棋聖獲得に王手をかけた渡辺二冠との大一番となるが、両対局者はファンと夕食を囲み、記念撮影に応じるなど和やかに過ごした。

 あいさつに立った同市西蒲区の鈴木浩行区長は「緊張感のある大一番だが、西蒲区のおいしい料理と温泉を楽しんでください」と歓迎した。

 産経新聞東京本社文化部の堀晃和部長が「高島屋では歴史に残る数々の名局が繰り広げられた。今回の五番勝負は頂上決戦となり注目してほしい」と呼びかけると、日本将棋連盟の森下卓常務理事も「明日は全国の将棋ファンが見守る一局になる」と期待を寄せた。

 豊島棋聖は「高島屋に来るのは今回が3度目で、いずれも棋聖戦だった。1勝2敗と厳しいが、このシリーズを楽しみにしてくれている方々のために頑張る」と決意を表明。渡辺二冠は「高島屋で指せるのは第84期棋聖戦以来。戻って来られて光栄で懐かしい。今回の番勝負は反響が大きい。頑張りたい」と述べた。

 前夜祭に先立ち、両対局者は対局室で検分を行い、駒や照明、空調などを確認した。

 高島屋では9日午後2時半から、第4局の大盤解説会が行われる。ワンドリンク付きで2500円。車で訪れる場合、近くにある観光施設「いわむろや」に駐車できる。問い合わせは高島屋(0256・82・2001)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ