PR

ライフ ライフ

エボラ輸入手続き完了 厚労省

東京都武蔵村山市の国立感染症研究所村山庁舎
東京都武蔵村山市の国立感染症研究所村山庁舎

 エボラ出血熱など致死率の高い1類感染症の病原体の輸入をめぐり、厚生労働省は5日、感染症法に基づき、輸入対象の5種類の病原体を正式に指定した。保管先となる国立感染症研究所村山庁舎で受け入れるための手続きが整った。

 指定されたのは、エボラ出血熱▽南米出血熱▽ラッサ熱▽クリミア・コンゴ出血熱▽マールブルグ病-の1類感染症の病原体。危機管理上の理由で輸入時期や経路などは公表しない。

 また、厚労省は同日、感染研村山庁舎がある東京都武蔵村山市から受けた要望について、同市に回答。施設の事故・災害対策の強化のほか、事故時の速やかな情報提供や施設運営のチェック体制の確保などに対応するとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ