PR

ライフ ライフ

井山本因坊が8連覇 4連勝で巻き返し

第74期本因坊戦七番勝負で8連覇を果たした井山裕太四冠
第74期本因坊戦七番勝負で8連覇を果たした井山裕太四冠

 囲碁の第74期本因坊戦七番勝負(毎日新聞社主催)の第6局が3、4の両日、大阪府吹田市で行われ、井山裕太本因坊(30)が171手までで、挑戦者の河野臨九段(38)に黒番中押し勝ちし、対戦成績4勝2敗で8連覇を果たした。棋聖・王座・天元とあわせ4冠を堅持し、タイトル獲得は通算56期。河野九段の初の本因坊獲得はならなかった。

 井山本因坊は昨夏の碁聖戦で許家元(きょ・かげん)碁聖(21)に敗れ七冠独占が崩れた。続く名人戦も最終第7局までもつれた末、張栩(ちょう・う)名人(39)に敗れ五冠に後退。王座・天元、年明けの棋聖戦を防衛したものの、いずれもフルセットにもつれるなど、一時期見せた圧倒的な強さに陰りが出ていた。今春の「森ビル杯 第57期十段戦五番勝負」では村川大介十段(28)に1勝3敗で敗れ、平成27年11月以来の四冠に後退していた。

 今期の本因坊戦七番勝負も第1、2局を連敗し不調がささやかれていたが、その後4連勝で巻き返し、本因坊戦では趙治勲(ちょう・ちくん)名誉名人(63)の10連覇、高川格二十二世本因坊(1915~86年)の9連覇に続く8連覇を達成した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ