PR

ライフ ライフ

【エブリデイヨガ】(12)座りっぱなしに「ローランジ」

まず、手を肩幅、膝を腰幅に開いて床につけ、背筋を伸ばし、鼻から大きく息を吸う。
まず、手を肩幅、膝を腰幅に開いて床につけ、背筋を伸ばし、鼻から大きく息を吸う。
その他の写真を見る(1/3枚)

 長時間の座りっぱなしは体に悪い。とはいえ、実際そうなってしまっている方は多いのではないでしょうか。

 座りっぱなしは、股関節の動きを硬くし、血行やリンパの巡りを悪くします。そんな不調の解消を助けるのが、この「ローランジ」のポーズです。膝に不安のある人は、畳んだタオルを膝の下に敷くと楽です。左脚を前に出すときは、左右を入れ替えてください。(LAVAトップインストラクター2019 玄ともみ)

 〔1〕手を肩幅、膝を腰幅に開いて床につけ、背筋を伸ばし、鼻から大きく息を吸う。

 〔2〕右脚を一歩前に出す。腕と床、右脚の膝下と床が垂直になるようにする。左脚を後ろにずらす。

 〔3〕左の足の甲を寝かせ、床から手を離し、上体を起こす。そのまま鼻呼吸を5回繰り返す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ