PR

ライフ ライフ

【暮らし替えの道しるべ】(35)物を増やさないためには

 家の中には、なかなか捨てられない物がたくさんあります。今は使っていないけれど初めてもらったボーナスで無理して買ったブランドのバッグ、学生時代に書いていた日記や写真などと想像しますが、実際は、それだけではありません。もっと日常の物が捨てられないことがたくさんあります。

 以前、片付けに伺ったお宅では、買い物のときにもらったおしゃれな紙袋やレジ袋などが大中小にきちんと分けて、整理された状態で、大量に収納されていました。

 お総菜やおにぎりを入れる透明のプラスチックパックもきれいに洗って、キッチンの収納棚を埋め尽くしている状態でした。「そのパックはいつ使うんですか?」とお聞きしたら、「娘が実家に帰ったとき、手作りのお総菜を入れて持って帰ってもらおうと思ってるの」と答えが返ってきました。娘さんはお正月とお盆休みの2回帰ってくるとのことでした。その2回の里帰りにしては、多すぎる数が詰まっています。それは年々増えていきます。ストック品は収納スペースを決め、使う分だけ収納し、収まらなければ処分します。

 物はいつの間にか増えてしまい、なかなか家の外に出にくくなっていきます。意識しないといつの間にか増えていくものです。

 家の中に入る物を制限し、家の外に出すことを意識することが大切なのです。最近はレジ袋の有料化が話題になっています。レジ袋が減ってエコにはなったけれど、その分エコバッグが大量に増えてしまった。そんなことがないように、必要な物を使う分だけストックすることが大切です。(日本ホームステージング協会 代表理事 杉之原冨士子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ