PR

ライフ ライフ

高齢世帯の半数が年金のみ 「苦しい」全世帯で57%

 65歳以上の高齢者世帯のうち、働いて得られる収入がなく、総所得が公的年金・恩給のみの世帯が半数に上ることが2日、厚生労働省の平成30年国民生活基礎調査で分かった。生活への意識を質問したところ、高齢者世帯で「苦しい」と答えた割合は55・1%に上り、前年から0・9ポイント増加した。全世帯でも57・7%だった。

 高齢者世帯数は1406万3千に上り、全世帯に占める割合は27・6%でいずれも過去最高。老後に2千万円の蓄えが必要とした金融庁審議会報告書で年金不安が高まる中、多くの人が年金頼みで暮らす実態が浮き彫りになった。厚労省は「働く高齢者が増える一方、依然として公的年金のみで暮らす人が多い」と認めた。

 無年金の人らを除く高齢者世帯のうち、総所得に占める公的年金・恩給の割合が100%の世帯は51・1%。1世帯当たりの平均所得(29年)を見ると、全世帯は551万6千円で4年ぶりに前年を下回った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ