PR

ライフ ライフ

旧日本海軍艦「摩耶」発見 フィリピン沖で沈没

発見された旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」とみられる船体の一部(VULCAN INC.提供・共同)
発見された旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」とみられる船体の一部(VULCAN INC.提供・共同)
その他の写真を見る(1/4枚)

 先の大戦末期の昭和19年10月、フィリピンのレイテ沖海戦で沈没した旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶(まや)」とみられる船体の一部がフィリピン西部パラワン島沖の海底1850メートルで見つかった。深海を探査している米調査チームが発表した。

 発見したのは、米IT大手マイクロソフト共同創業者の故ポール・アレン氏が設立した財団の調査チーム。無人探査機が撮影した映像や画像には、海底に横たわる船体や主砲などとみられる砲身が写っていた。機器に記された日本語の文字も確認できた。

 戸高氏や資料によると、摩耶は旧日本海軍が主力とした重巡洋艦の1隻。連合艦隊が事実上壊滅したレイテ沖海戦で、米海軍潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没し、乗員336人が死亡した。

 調査チームはこれまでも南太平洋で武蔵など多くの戦艦の残骸を見つけている。今後も調査を続ける方針。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ