PR

ライフ ライフ

手足口病が警報レベルに 過去10年で最多ペース

 乳幼児を中心に口内や手足に発疹ができる「手足口病(てあしくちびょう)」の患者数が6月23日までの1週間で1医療機関当たり5・18人となり、警報レベル(5人)を超えたことが2日、国立感染症研究所の調べで分かった。この時期としては過去10年で最多。西日本で感染拡大が目立ち、厚生労働省などが注意を呼びかけている。

 感染研によると、6月23日までの1週間で全国の定点医療機関(小児科、約3千カ所)から報告された患者数は1万6417人。都道府県別では、1医療機関当たり福岡の17・33人が最多で、福井(15・26人)▽佐賀(13・17人)▽鳥取(11・84人)▽高知(10・07人)-が続いた。警報レベルを超えたのは24府県で、大阪は9・15人、東京は2・73人だった。

 手足口病は例年夏に流行のピークを迎え、5歳以下の患者報告数が多くを占める。口内や手足にできる水疱(すいほう)性の発疹が主な症状で、熱が出ることもある。通常は数日のうちに治るが、まれに髄膜炎や脳炎などを引き起こすこともある。

 くしゃみなどの飛沫(ひまつ)や便を通じて感染するため、保育施設などで集団感染が起こりやすい。厚労省は予防として、こまめな手洗い、排泄(はいせつ)物の適切な処理のほか、タオルを共有しないことが重要としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ