PR

ライフ ライフ

【松本真由美の環境・エネルギーDiary】海洋プラごみ対策が世界で加速 日本の技術で課題解決の可能性

外資系ホテルではプラスチック製ストローの代わりに紙製を使っている
外資系ホテルではプラスチック製ストローの代わりに紙製を使っている

 プラスチックごみによる海洋汚染が、世界的な問題になっています。今回は、各国の対策動向や日本の取り組みを紹介します。

 世界では、少なくとも年間800万トンのプラスチックごみが海洋に流入しています。このままの状態が続くと、2050年には、海洋のプラごみの量が重量ベースで魚の量を超えると予測されています(Neufeld, L., et al. 2016)。また、海鳥などがプラごみを食べて死亡するケースもあり、生態系にも悪影響を与えています。

 国際廃棄物協会(ISWA)は「海洋プラスチック汚染の75%は中国などにおける不法投棄によるもので、海外から中国に輸出され、処理できないものが河川、海洋に流れている」と指摘しています。海洋などに流れたプラスチックは分解されず、紫外線や波の力などでもろくなり、小さな破片の「マイクロプラスチック」になります。それを取り入れた魚などを食べ、人体に入ってくるリスクも指摘されています。

 マイクロプラスチックは2つに分類されます。1つは1次マイクロプラスチックと呼ばれるもので、洗顔料や工業用研磨剤などに使用されているポリエチレンなどのビーズ状の小さな粒子(マイクロビーズ)がそれに当たります。もう1つは、環境中に流れ出て5ミリメートル以下になったプラスチック破片で、2次マイクロプラスチックと呼ばれています。

■第三国の廃プラ輸入規制

 世界の廃プラスチック(プラごみ)の4~5割を受け入れていた中国が17年、輸入規制措置を打ち出しました。それまで日本は、国内で処理しきれないプラごみ年間150万トンをリサイクル資源として輸出し、その多くを中国が受け入れていました。

 中国政府は同年7月、「外国ごみの輸入禁止と固形廃棄物輸入管理制度改革の実施計画」を発表し、その年の12月末、非工業由来の廃プラ(生活由来の廃プラ含む)8品目の輸入を禁止しました。18年12月末には、工業由来の廃プラ(プラスチック生産とプラスチック製品加工の過程で生じる熱可塑性の加工くず、切れ端、仕損じ品)についても輸入を禁止しました。この規制を受けて、日本の廃プラの輸出先はタイ、マレーシア、ベトナム、台湾などに移っていきました。しかし、東南アジア諸国でも、廃プラの輸入を一律禁止にしたり、輸入制限を強化したりする動きが出ています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ