PR

ライフ ライフ

室温28度より25度が効率上がる? 姫路市が検証

 兵庫県姫路市は1日、今月16日から8月30日にかけて市庁舎内の室温を25度に設定すると発表した。環境省が「クールビズ」として呼び掛ける28度よりも涼しい環境で仕事の効率が上がるか検証し、職員の働き方改革につなげたい考え。環境省の担当者は「全国初の取り組みではないか」としている。

 姫路市によると、クールビズは省エネ効果がある一方、作業効率が落ちて残業が増えるとする研究結果がある。これを知った清元秀泰市長が市役所での検証を提案。エアコンの温度設定を下げて残業時間や電力使用量の変化を調べ、職員に仕事効率についてアンケートする予定だ。

 清元市長にアドバイスした大阪市立大の梶本修身特任教授(疲労医学)は「28度に科学的根拠があるわけではない。働き方改革につながるので、姫路市でモデルケースをつくってもらいたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ