PR

ライフ ライフ

「国民の自衛官」に不発弾処理903回出動の陸曹長ら 10人1部隊決まる

 災害派遣や国際貢献などで著しい功績のあった自衛官を顕彰する「第17回国民の自衛官」(フジサンケイグループ主催、産経新聞社主管、防衛省協力)の選考委員会が1日、東京・大手町の産経新聞社で開かれた。

 選考会では、陸、海、空それぞれの専門分野で功績のあった自衛官や部隊が推薦され、自己犠牲の精神での人命救助や、社会との絆を強める活動、自衛官としての成果などが重視された。

 約20年間にわたり268回の不発弾処理緊急出動を含む903回の出動に従事した陸曹長、35年間にわたり、岩国航空基地で延べ約1千万食の食事を通じ隊員の栄養管理に尽力した技官ら10人1部隊を選出した。

 表彰式は10月8日、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ケ谷で行われる。受章自衛官、部隊は次の通り。

 【陸上自衛隊】九州補給処富野(とみの)弾薬支処(福岡・富野)梅木崇(たかし)陸曹長(44)▽第8師団第8飛行隊(熊本・高遊原(たかゆうばる))勝本潤二3等陸佐(55)▽東北方面ヘリコプター隊(宮城・霞目(かすみのめ))馬場正幸3等陸佐(53)▽札幌病院准看護学院(北海道・真駒内(まこまない))蓑手博恵(みのて・ひろえ)3等陸佐(47)▽東部方面後方支援隊第102不発弾処理隊(東京・朝霞(あさか))

 【海上自衛隊】硫黄島航空分遣隊(東京・硫黄島)石井純一3等海佐(54)▽舞鶴水中処分隊(京都・舞鶴)小梶(こかじ)真和1等海曹(36)▽岩国航空基地隊(山口・岩国)田村幸子(さちこ)防衛技官(59)

 【航空自衛隊】航空総隊司令部防衛部運用課(東京・横田)緒嶋禎肇(おじま・よしとし)1等空曹(51)▽第3航空団基地業務群管理隊(青森・三沢)小瀬川晃(こせがわ・あきら)1等空曹(49)▽特別航空輸送隊整備隊(北海道・千歳)辻井正(ただし)空曹長(47)

 協賛 一般社団法人日本防衛装備工業会、防衛懇話会、タカラベルモント、青山メインランド

 特別協賛 航空新聞社

 選考委員 志方俊之・帝京大名誉教授▽井上和彦・ジャーナリスト▽野津研二・一般社団法人日本防衛装備工業会専務理事▽奈良信行・航空新聞社顧問▽井口文彦・産経新聞社執行役員東京編集局長▽乾正人・産経新聞社執行役員論説委員長▽伊藤富博・産経新聞社事業本部長

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ