PR

ライフ ライフ

俳優、高島忠夫さん死去 芸能一家として親しまれ

死去した高島忠夫さん
死去した高島忠夫さん

 ソフトな語り口で司会や映画解説でも活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名・高嶋忠夫=たかしま・ただお)さんが26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳。神戸市出身。葬儀・告別式は親族で行った。お別れの会などの予定はない。

 関西学院大法学部在学中の昭和26年、新東宝の第1期ニューフェイスとなり、翌27年に映画「恋の応援団長」でデビュー。長身に甘いマスクが受けて、「坊ちゃん」シリーズ7本に主演するなど、青春コメディー路線の看板スターとなった。東宝に移籍後は、「キングコング対ゴジラ」など映画のほか、ミュージカル舞台でも活躍した。

 その後、活動の場をテレビに移し、幅広く出演。司会者を務めた曲名を当てるクイズ番組「クイズ・ドレミファドン!」(フジテレビ)では、「イエーイ!」という独特のかけ声でお茶の間の人気者に。また、「ゴールデン洋画劇場」(同)の解説を長く務めた。

 妻の寿美(すみ)花代(はなよ)さんは元宝塚スター、息子の高嶋政宏さん、政伸さん兄弟はともに人気俳優という芸能一家。“高島ファミリー”4人そろってCMや番組などにも出演した。平成10年に鬱病を発症。寿美さんに支えられながら闘病生活を続けていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ