PR

ライフ ライフ

市販薬情報配布に支援を 冊子発行、無償提供の会社社長

 医者にかかる前に患者が飲んだ市販薬の特定に役立つカラー冊子「クスリ早見帖」を全国の医療機関に無償で提供してきた京都市の会社社長、平憲二さんが、今年の製作費の一部をインターネットのクラウドファンディングで募っている。

 内科医である平さんは、診療で患者の話から市販薬を割り出すのに苦労した経験がある。このことから、市販の風邪薬と解熱鎮痛薬の成分などを写真入りで一覧できる冊子を平成26年から毎年発行している。今回のクラウドファンディングが成功して発行されれば、クスリ早見帖シリーズは累計10万冊を突破することになるという。

 今年は塗り薬や貼り薬など外用薬の情報も追加して、約4千冊を作る計画で費用の半分強の60万円の支援を求めている。

 7月23日まで。サイトのURLはhttps://readyfor.jp/projects/25068

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ