PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】売り手市場でも内定は簡単じゃない

 令和2(2020)年卒業予定の学生の採用選考解禁から1カ月。当社の調査では、6月1日現在の内定率は7割を超える高水準(71・1%)をマークしました。今年は、一貫して前年同時期を上回っており、早く内定者を確保したい企業が、選考や内定出しの時期を早める動きが顕著でした。しかし、世間で言われているほど簡単に内定はもらえないと感じている学生は多いようです。

 「第1志望業界の企業は、エントリーシート(ES)でほとんど落とされた」「1次面接を通過できない」など、意外にも早い段階でつまずく学生を多く見かけました。学生の大手志向は年々高まっていますが、人気企業の中には、選考の前半で候補者をかなり絞り込む企業もあり、初期の段階で落ちてしまう学生が多発するのです。

 ほかにも、「選考のスピードが速く、十分な準備をする時間がとれない」という声も多くありました。「第1志望企業の面接が一番早く、ほかの企業で経験を積めなかった」「3月に興味を持ち始めた企業は、ESの締め切りが早すぎてまともに書けなかった」など、企業が動きを早めた結果、うまく波に乗れずに苦労したようです。

 また、ある学生は「10社も落ちて、苦労している」と話します。就職氷河期には、100社落ちる人も珍しくなかったので、数字だけを比較すると隔世の感があります。しかし、しっかり企業研究をしたうえで、志望度の高い企業に絞り込んで受ける傾向が強まっている分、1社の不合格のダメージは小さくありません。

 近年は、多くの企業がインターンシップを実施していますが、さらに参加後も、懇親会や社員との座談会など、継続的に接触機会を設ける企業も増えています。懇親会では食事が提供されるなど、至れり尽くせりということも珍しくはありません。そうした接触を通じて、学生は企業理解を深めると同時に、企業から求められていることを認識します。内定への手応えを感じるのです。しかし、いざ面接が始まると、しっかりと選考され、思うようには進まなかったのです。「期待が高まっていた分、ショックも大きく、気持ちを切り替えるのが大変」と不安を隠せない様子です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ