PR

ライフ ライフ

激戦地の丘に平和資料館開館 インパール作戦75年、遺族ら訪問

インパール近郊の激戦地「レッドヒル」の麓に完成したインパール平和資料館=22日午後、インド北東部・インパール(大竹直樹撮影)
インパール近郊の激戦地「レッドヒル」の麓に完成したインパール平和資料館=22日午後、インド北東部・インパール(大竹直樹撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 【インパール=大竹直樹】先の大戦時に多くの犠牲者を出し、最も無謀な作戦といわれた「インパール作戦」から75年となるのに合わせ、インド北東部のインパールに22日、惨禍の記憶を後世に伝える平和資料館がオープンした。インパール近郊にある日英両軍の激戦地「レッドヒル」の麓に完成。極限の戦闘から生還した帰還兵の手記や写真などを展示している。

 地元マニプール州の観光協会から協力要請を受け、建設費を支援した日本財団(東京)の笹川陽平会長は、開館式典で「悲しい戦争の記憶を深く心に留めると同時に、平和な世の中を次世代につないでいくための架け橋となるだろう」とあいさつ。在インド英国高等弁務官のドミニク・アスクイス氏は「若者たちの未来を担う意味を持っている」と述べ、在インド日本大使館の平松賢司大使は「過去から学び、未来に生かしていくことが重要だ」と強調した。

 式典には日英印の関係者約250人が参加。旧日本兵の遺族5人も出席した。作戦から生還した元兵士の稲葉茂さんの孫、英一郎さん(41)=茨城県守谷市=は、「祖父の思いを受け継ぎ、インパールまで来た」とし、「祖父は生前多くのことを語らなかったが、戦友への強い思いは伝わってきた。私たち孫の世代が、歴史の伝え方や慰霊のあり方を考えなければならない」と訴えた。

 激戦地に眠る旧日本兵の遺骨収集を進めてきた阿部信夫さん(77)=栃木県栃木市=は、父の荘一さんをインパール作戦で亡くした。阿部さんは「遺族にとっても、インパールに平和資料館ができたことは本当にありがたい。歴史を正しく、後世に伝えていってほしい」と話した。

 土谷仁志さん(65)=静岡市=は、作戦から生還し、平成8年に亡くなった父の伝吉さんが描いた「インパールへの道」と題された絵を資料館に寄贈。展示されている絵を前に「平和のありがたさを感じてもらえればうれしい」と語った。

 資料館には、戦後の復興や現地の文化などを紹介する展示のほか、安倍晋三首相が揮毫(きごう)した「平和」の書も飾られている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ