PR

ライフ ライフ

夏を告げる御輿屋まつり びわ娘ら練り歩く 西宮神社

御輿屋まつりで西宮神社周辺を練り歩いた「びわ娘」ら=西宮市
御輿屋まつりで西宮神社周辺を練り歩いた「びわ娘」ら=西宮市

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)で14日、夏の訪れを告げる「御輿屋(おこしや)まつり」があり、参拝者らでにぎわった。

 漁師の網にかかったえびすさま(ご神像)が同神社に運ばれる途中に居眠りをしたため、漁師が尻をつねって起こしたという伝承にちなんだ行事。旬のビワで御輿(みこし)を飾り付けることから「びわ祭り」とも呼ばれる。

 この日、御輿を担いだ氏子ら約120人が、神社からえびすさまが居眠りした場所とされる「御輿屋(おこしや)跡地」までの約1キロを約40分かけて練り歩いた。浴衣姿でビワをかごに入れて持った地元女子大生による「びわ娘」も参加。その後、市民ら約300人に甘酒がふるまわれた。

 昨年も訪れたという西宮市の主婦(80)は「夏の風物詩。よかったですよ」と笑顔をみせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ