PR

ライフ ライフ

シーサイドライン逆走事故 完全復旧の見通し立たず 観光に影響も

 金沢シーサイドラインの新杉田駅で代行輸送のバスに乗るため列をつくる通勤客ら
 金沢シーサイドラインの新杉田駅で代行輸送のバスに乗るため列をつくる通勤客ら

 横浜市を走る新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の車両が逆走し、車止めに衝突した事故から15日で2週間となる。だが、現在もシーサイドラインは間引き運転が続いている。いまだ完全復旧の見通しが立たないなか、事故の余波は沿線付近で行われるイベントや観光施設などにも広がりをみせている。

 1日に発生した事故では、新杉田発並木中央行き(5両編成)が約25メートル逆走して車止めに衝突し、乗客14人が重軽傷を負った。シーサイドラインは平成元年に開業し、当初はワンマン運転だった。6年からコンピューター制御による無人運転を導入したが、開業以来、人身事故は初だった。

■市民生活を直撃

 事故後、シーサイドラインは全線が運休。最初の平日となった3日は、代行輸送のバス停に通勤客らが長い列を作った。4日には、運転士による手動運転で運行を再開したものの、運行本数は通常の65%程度で、現在も一部地域では代行バスの運行が続けられている。朝夕のラッシュ時には、地域住民の通勤・通学の「足」として利用されていただけに、事故後の混乱は市民生活を直撃した。

 事故の影響はシーサイドライン沿線の観光イベントなどにも広がりつつある。シーサイドラインの運営会社は利用客らの心情を考え、16日に「海の公園」(同市金沢区)で開催を予定していたイベント「潮干狩りワークショップ」を中止した。

 講師などを呼んで行われている同ワークショップは人気が高く、例年、多くの家族連れなどでにぎわいをみせる。リピーターも年々増加しており、今年も多くの参加者が見込まれていたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ