PR

ライフ ライフ

「女性宮家」を容認 国民民主が参院選公約発表

参院選の選挙公約を発表する国民民主党・玉木雄一郎代表=13日午後、国会内(春名中撮影)
参院選の選挙公約を発表する国民民主党・玉木雄一郎代表=13日午後、国会内(春名中撮影)

 国民民主党は13日、夏の参院選の公約「新しい答え 2019」を発表した。「家計第一の経済政策」を柱に据え、10月に予定される消費税率10%への引き上げ中止や児童手当の増額などの政策を掲げた。また、男系の女性天皇の容認に加えて、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設も盛り込んだ。

 児童手当の対象を現行の15歳から18歳に引き上げ、給付額を一律で月1万5千円とした。子育て支援の財源は「こども国債」を発行して確保する。低所得の年金生活者には月5千円を給付するほか、年収500万円以下の世帯に月1万円の家賃補助をする。

 女性宮家は前例のない女系天皇誕生への道を開く可能性がある。玉木雄一郎代表は「公務を分担して頂けるような新しい地位を設けることも含め女性宮家の創設を考えていきたい」と述べ、公務の負担軽減に主眼を置いていると説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ