PR

ライフ ライフ

【せせらぎのそばで~鴨川ひと模様(下)】「本音を話せる特別な場所」

夕暮れどき、河川敷に座ってくつろぐ人たち
夕暮れどき、河川敷に座ってくつろぐ人たち
その他の写真を見る(1/3枚)

 京都市中心部を流れる鴨川。夕刻を迎えてもさまざまな人の姿が見えてくる。

 ■17:00 三条大橋-四条大橋間

 「靴磨きをさせていただけませんか」。乗馬インストラクターのハヤトさん(27)が道行く人に声をかける。靴磨きは見知らぬ人に話しかける度胸やコミュニケーション能力、自分でお金を稼ぐ感覚を身につけるためだとか。将来はまだ決めていないが、「靴磨きに手応えを感じている」と自信をのぞかせた。

 河川敷に並んだ納涼床(のうりょうゆか)の提灯(ちょうちん)に明かりがともり始めた。鴨川沿いにある花街・先斗町などの飲食店が5~9月末、川に面した場所に高床の座敷をつくる納涼床は、夏の古都の風物詩。その歴史は豊臣秀吉のころまでさかのぼる。

 ■18:00 四条大橋

 鴨川に夕日が差し込む。家路を急ぐ人や同僚と一杯を楽しむための人々が行き交う四条大橋。一方で、河川敷には穏やかな時間が流れる。腰を下ろしてくつろぐ観光客らの姿も。

 そのなかで黙々と画用紙に筆を走らせるのは、香港からの観光客、ジャニス・ロウさん(40)。趣味の水彩画を描くために鴨川を訪れた。慣れた手つきで下書きし、パレットに並べた絵の具で作品に彩りを加える。「日が暮れる前に描ききりたかった」と1時間ほどで完成させた一枚。夕日に照らされた四条大橋一帯が、繊細なタッチで色鮮やかに描かれていた。

 ■18:30 四条大橋付近

 薄暮が迫る。四条大橋の下に1台のロードバイクが止まった。降り立ったジョン・マクデモントさん(37)は、身長190センチ近くあるアイルランド人。額を流れる汗をぬぐい、息をゆっくりと吸い込みながら、荒れた呼吸を整えた。

 3週間前に成田空港に到着し、福岡を目指して縦断する途中。大きな荷物に加え、鍵の掛かった貴重品入れの中には、“元気の源”のバナナとピーナツバターがぎっしり詰まっていた。「富士五湖を巡り、琵琶湖も1周してきた。これから大阪でフェリーに乗って四国に行き、福岡を目指す」。バナナをほおばり、颯爽(さっそう)と鴨川を後にした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ