PR

ライフ ライフ

ミカン腐敗、紫外線で抑制 和歌山の研究所など装置開発

ミカンに紫外線を照射する装置(雑賀技術研究所提供)
ミカンに紫外線を照射する装置(雑賀技術研究所提供)

 全国有数のミカンの産地・和歌山で、一般財団法人「雑賀技術研究所」(和歌山市黒田)は、ミカンに紫外線を照射して抗菌力を高め、腐敗を抑制する装置を静岡県などと共同で開発した。選果場などへの導入を目指している。今秋にはミカン農家が実際に装置を使い、実用性を検証する予定という。

 研究所は工業技術や農産物の品質安全についての研究などを手がけ、ミカンの糖度を光センサーで計る装置も開発している。

 ミカンは、生産現場で腐った果実を木から取り除いたり、輸送中のコンテナ内で腐敗したりすることが、事業者への大きな負担となっている。

 研究所は静岡県農林技術研究所などと共同で平成29年から、紫外線照射によってミカンが生み出す抗菌物質「スコパロン」ができる条件などを研究。スコパロンは植物が外的ストレスを受けたときに生み出すポリフェノールの一種で、一度できるとしばらく果実の皮に残り、腐敗抑制効果が持続する。流通過程だけでなく、消費者が購入後も効果が期待できる。

 これまでも腐敗抑制のため紫外線を使った殺菌処理技術は確立されていたが、主に果実の皮の表面についた菌を死滅させることが目的で、効果は一時的だったという。

 共同研究の結果、一定の条件でミカンに数秒間紫外線を照射すると、スコパロンが高い水準で残り、腐敗抑制効果を得られることを発見。研究所が、条件をもとにミカンをコンベヤーで搬送しながら紫外線を照射する装置を開発した。

 約3万5千個のミカンを使った実証実験で、紫外線処理をしたミカンと、していないミカンを約1カ月保存した場合、処理していないミカンの腐敗率42%に対し、処理したミカンの腐敗率は19%だった。紫外線による果実の品質への影響もなかった。

 研究所は現在、JAや個人農家向けに装置を開発中で、将来的には製品化もにらんでいる。

 担当者は「ミカンの腐敗で困っているといった生産者からの相談は、これまで多くあった。苦しい状況で頑張っている生産者の方々に、ぜひ装置を役立ててもらえれば」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ