PR

ライフ ライフ

【告知】8月3日出発 台湾の神社と歴史をめぐる4日間の旅

台中市の台中公園にある台中神社跡
台中市の台中公園にある台中神社跡
その他の写真を見る(1/4枚)

 台湾に残る神社の足跡と歴史をたどるツアーを、8月3日から4日間の日程で実施します。産経新聞社が企画しました。

 台湾では、日本統治時代の50年間に約400カ所で神社が建立されました。戦後、大部分が壊されましたが、現在も「歴史遺跡」として面影を残しています。

 神社めぐりは毎回ご好評を頂いており、3回目となります。今回は台中、鹿港(ろっこう)、霧社などを訪れ、戦前に貴族院議員を務めた実業家・辜顕栄(こけんえい)の軌跡、原住民らによる大規模な蜂起「霧社事件」など日台間の歴史にも触れます。

 また、このツアーには『台湾に渡った日本の神々』(潮書房光人新社)の著者、金子展也氏が同行し、解説します。

 旅程は8月3日出発、6日帰国。発着は成田空港。先着20人(1人1室利用)、旅行代金は1人18万円(税込み)。

 お問い合わせはオーバーシーズ・トラベル03・3567・1202(平日午前9時半~午後6時半)、またはメールアドレスtourcenter@vacation-ota.jpまで。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ