PR

ライフ ライフ

自民・岸田氏「男系天皇は歴史、伝統の大きな重み」

自民役員連絡会岸田文雄政調会長=11日午前、国会内(春名中撮影)
自民役員連絡会岸田文雄政調会長=11日午前、国会内(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄政調会長は12日の記者会見で、皇位継承について「男系天皇の存在は理屈ではなく、長い間、歴史・伝統を守り続けてきた点で大きな重みを持っている」と述べ、父方の系統に天皇を持つ男系の重要性を強調した。

 岸田氏は、これまでにも党としてヒアリングや議論などを重ねてきたことに触れ、「国民の関心や理解の度合いも注視しながら、必要であれば議論を行うことも考えていかなければいけない」と説明した。

 皇位継承をめぐっては、立憲民主党が皇位継承資格を「女性・女系の皇族」に拡大する考えを打ち出しているほか、共産党も女性・女系天皇に賛成する立場を明らかにしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ