PR

ライフ ライフ

【暮らし替えの道しるべ】(34)収納用品購入前に片づけを

 「片づけようと思ったときに最初にやることは何ですか?」と質問すると、一番多い回答は「物を捨てる」ですが、次は「収納用品を買う」です。

 実は、片づけが苦手な人ほど収納用品をたくさん持っている傾向があります。片づける前に収納用品を購入してしまう人が多いようです。物をしまうこと、収納することで、収まりきれない物を片づけようとするのです。そうすると、使っていない物を収納用品に収め、使っている物は出しっぱなしとなってしまいます。

 片づけをするときは、まず使っている物、使っていない物に仕分けをします。捨てると判断した物は、ゴミ分別のルールに沿って処分します。使っていないけれど捨てたくない物は、段ボールなどに入れ、ふたなどに内容物を明記して、別な場所に移動し保管します。

 使っている物は優先順位をつけて、使いやすい場所に収納します。

 最終的に収納用品を購入しないと収まらない場合のみ、収納場所のサイズを測り、それに見合った収納用品を購入するようにします。

 この手順を踏まずに、収納用品を購入すると、次のような失敗をしてしまうこともあります。

 (1)収納用品が押し入れに入らず襖(ふすま)や扉が閉まらない(2)購入した収納用品に入れたい物全てが収まらなかった(3)追加で購入した収納用品が以前の物と違って重ねるとずれてしまった(4)仕分けをしたら収納用品自体がいらなくなってしまった-などです。

 収納用品を増やすと物もふえていきます。まずは、物を仕分け、減らすことを優先しましょう。(日本ホームステージング協会 代表理事 杉之原冨士子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ