PR

ライフ ライフ

【料理と酒】小松菜とピーマン、シシトウのペペロンチーノ

 小松菜をニンニクとオリーブオイルで炒めるというとてもシンプルな料理です。強火でさっと炒めてあまり野菜の水を出さないことがポイント。これで歯ごたえも残し、瑞々しい菜っ葉の美味しさが味わえます。

 小松菜はアブラナ科の葉物野菜ですが、江戸時代に東京都江戸川区の小松川で栽培が始まったそうです。八代将軍徳川吉宗が鷹狩りでこの地を訪れ、すまし汁に入っていた青菜を気に入り、この名がついたと言われています。私の好きな落語に「青菜」という噺がありますが、そこで酒の肴として出てくる青菜も小松菜のことだと思われます。

 今では、えぐみが少なく、シャキシャキとした歯ごたえが好まれて、大都市圏で盛んに栽培されています。緑が鮮やかな日々の副菜。簡単に調理できるので、ビールのおつまみとしていかがでしょうか。(速水裕樹)

【材料】

小松菜……………1把

ピーマン…………2個

シシトウ…………5本

ニンニク…………2片

赤唐辛子…………1本

ごま油……………大さじ2

塩…………………小さじ1

コショウ…………適量

酒…………………小さじ2

【作り方】

1.ニンニクは、皮を剥いて薄くスライスする

2.小松菜は5センチほどにカットし、ピーマンは細切りに、シシトウはへたを取り縦半分にカットする

3.フライパンにごま油をひき、ニンニクと赤唐辛子を弱火で炒める。香りがでてきたら、ピーマン、シシトウ、小松菜の軸の方を入れて強火で炒め、塩、コショウ、酒を振る。最後に小松菜の葉の方を入れてざっくりと炒めたら火を止める

4.器に盛り付けて出来上がり

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ