PR

ライフ ライフ

「誤解と不安招き憂慮」“蓄え2000万円”の金融庁報告書で自民・二階幹事長 

記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=11日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=11日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は11日、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書に関し、党として金融庁に抗議した理由について「2000万円の話が一人歩きしている状況だ。国民の皆さんに誤解を与え、不安を招いており、大変憂慮している」と述べた。党本部で記者団の取材に応じた。

 二階氏は報告書について「説明不足のきらいがある」と指摘。平成16年の年金制度改革で政府・与党が示した年金制度の「100年安心」が揺らいでいるとの野党側の指摘には「いささかも揺らいでいない」と反論した。

 「われわれは選挙を控えているので、そうした方々に迷惑を及ぼすことがないように、党として注意しなければならない」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ