PR

ライフ ライフ

大阪・釜ケ崎で井戸掘り 日雇い労働者と水の大切さ学ぶ

 この日、初めて井戸掘りを体験した男性会社員(27)は「井戸に入ると孤独で、思ったより過酷な作業だった」。温泉を掘ったことがあるという元日雇い労働者の男性(54)は「泥まみれになると仕事をした実感がある」と笑顔をみせた。

 井戸掘りへの参加は無料で、週1~2回開かれる。現役や元日雇い労働者と蓮岡さんが参加者に掘り方を指導し、7月下旬までに完成させる予定。井戸の水は庭の草木の水やりなどに使う。蓮岡さんは「水は生きるために不可欠なもの。水で困っている人たちがいることを知ってもらえれば」と話している。

 プロジェクトでは、井戸掘りのノウハウを共有するため、完成までの様子を写真や映像で記録し、DVDと冊子を作る予定。その費用と、井戸掘りの資材費を捻出するため、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング(CF)」を行っている。目標金額は300万円で、7月26日まで。資金提供はCFのサイト( https://motion-gallery.net/projects/kamagei2019 )。問い合わせはココルーム(06・6636・1612)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ