PR

ライフ ライフ

もふもふ触り放題 猫好き聖地「ネコノシマホステル」瀬戸内海に

 その後、町や関係先にアイデアを持ちかけると、トントン拍子で話が進み、小学校を借りるめどがついた。村上さんは古書店を閉め、直子さんとともに29年3月に移住。2人は町の地域おこし協力隊として活動しつつ、小学校をリノベーションし同年8月、ゲストハウスをオープンさせた。

日陰で眠るネコ=6月5日午後、香川県多度津町の佐柳島
日陰で眠るネコ=6月5日午後、香川県多度津町の佐柳島
その他の写真を見る(4/13枚)

 「小学校は島の人たちの母校。柱の傷一つにも思い出が詰まっている」と話す村上さん。かつての職員室だったゲストハウス内の「喫茶ネコノシマ」には、診療所からの帰りに立ち寄る地元の高齢の住人や、墓参りのついでに来店する人もいる。

 夫妻2人で営んでおり、定休日にフェリーで食材の買い出しに行くといった島ならではの負担もあるが、村上さん夫妻は「島の人にも訪れる人にも喜んでもらえるように、長く続けていきたい」と話している。

 佐柳島は多度津港からフェリーで約1時間。本浦港または長崎港で下船し、徒歩約15分。ネコノシマホステルはトイレ・シャワーは共用。チェックインは午後5時から。チェックアウトは午前10時。「喫茶ネコノシマ」の営業時間は午前9時~午後5時(火曜日定休)。ランチは午前11時半からで1日10食限定。夕食は宿泊者向けで、予約が必要。

 宿泊の予約や問い合わせは、ネコノシマホステルのホームページ( http://neconoshima.jp )から。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ