PR

ライフ ライフ

【万象】生き物に倣う 水面を震えて泳ぐロボット

工学院大の鈴木健司教授らが開発したアメンボ型ロボット
工学院大の鈴木健司教授らが開発したアメンボ型ロボット

 アメンボは水の表面張力で水面に立つ。脚にびっしりと生えた細かい毛が、水をはじいて滑らかな移動を助ける。この仕組みを模倣し、小型の水面移動ロボットが開発された。表面張力の大きさは脚の長さに比例するため、18本に増やして長さを稼いだ。脚には強力な撥水(はっすい)剤をスプレーで塗布した。

 携帯電話のバイブレーション機能にも使われる小型のモーターを搭載し、脚を振動させて進む。脚の長さが微妙に異なるのは固有の振動数を変えるためだ。モーターの回転数によって動く脚が変わり、直進や旋回を制御できる。水質調査から娯楽用途まで幅広い活用が期待される。(麻)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ