PR

ライフ ライフ

【ビブリオエッセー】もうひとつの歴史を知る 「王妃マリー・アントワネット」遠藤周作(新潮文庫)

 勉強は苦手な中学生だったが、地理や世界史は大好きだった。テレビもない時代に唯一、世界が見えるのは教科書や地図帳だった。知りたくて面白くて、予習用のノートに調べたことをギッシリ書き込んで翌日の授業に備えた。中でもフランス革命は特別に興味があった。でも単元が変わればそれで終わりの授業は、ごちそうを途中で下げられるような不満が残った。

 成人し、結婚、出産、子育ての日々にすっかり忘れていたが、書店で偶然、『王妃マリー・アントワネット』が目に入った。読んで驚いた。学校で習ったフランス革命は民衆から見た革命だったが、ベルサイユ宮殿から見た革命は少し違っていたのだ。

 民衆から目の敵にされたルイ十六世は平和主義者で、革命広場で行われる凄(せい)惨(さん)な公開処刑に心を痛めていた。人道目的でその開発に助言したギロチン。やがて国王自らがギロチンで処刑される。

 浪費家の悪名高い王妃も、飽食三昧の貴族たちに囲まれ孤独だった。そんなときフェルセン伯爵に出合って恋に落ち、伯爵は王妃の救出に全身全霊を傾ける。ベルばらでは架空の麗人、オスカルを交えた歴史・恋愛絵巻だった。遠藤版も架空の人物に重要な役を担わせ、史実をたどる。

 長い幽閉のあと、優雅さを崩さず凜(りん)として断頭台に向かった王妃。国王や家族、なによりフェルセンへの思いを胸に。ラストはとても切ない。

 暴走する民衆、恐怖政治…物事は一面からでは分からない。多面的にじっくりと見ることが大切だと感じた。

大阪市生野区 太田三栄子76

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ