PR

ライフ ライフ

千葉大、授業料値上げ 国立総合で初の標準額超え

記者会見で授業料の値上げについて説明する千葉大の徳久剛史学長(左)=7日午後、千葉市
記者会見で授業料の値上げについて説明する千葉大の徳久剛史学長(左)=7日午後、千葉市

 千葉大は7日、令和2年度以降に入学する学部生と大学院生の授業料を、文部科学省令が定める上限の年額64万2960円に値上げすると発表した。現在の授業料は博士後期課程を除き、省令の標準額の53万5800円。文科省によると、標準額を上回る値上げは国立の総合大で初めて。

 国立大は最大で標準額の2割増までの範囲で授業料を設定できる。千葉大は値上げで最終的に約13億6千万円の増収になる見通し。増収分は2年度から新たに導入する学部生と大学院生の「全員留学制度」の財源の一部とする。

 徳久剛史学長は記者会見で「国立大法人化以来の大きなターニングポイントだ。安定的な財源を確保し、グローバル社会をリードする多様な学生を育てたい」と述べた。

 既に在籍している学生の授業料は据え置く。値上げで学生が教育を受ける機会が失われないよう、1人5万円の留学奨学金の支給など新たな経済支援策も検討する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ